STELLAVANITY -Prelude to the Destined Calamity-
DL版販売中です! (DLsite / 756円(税込))


(販売ページから体験版のダウンロードができます)




STELLAVANITYで使用された14曲(+2)を収録したサウンドトラックも
DLsiteにてDL販売中です(→販売ページ)(648円)
Ameroadでも購入可能です→ [ OST本体(216円) ] [ アペンドファイル(108円) ]


[ Feathered Ether ] ホームページはこちら
http://www.feathered-ether.com/


2015年07月04日

動画録れそう

シューターなら誰しも、自分のプレイ動画を録画して「実は俺って凄くね?」的な感想を抱きつつ、実は何てことのない平凡プレイだったりして、主観と客観で見え方が随分と違うことを改めて実感したりしたなんて経験があるものだと思います。え? そんなものはない?

というわけで、どうにかテストプレイを動画に撮れないかと色々考えておりました。
800×600まで縮小すればいいんですが、1920×1200のディスプレイでウィンドウだけ小さくするとどうにも画面が小さくなってプレイしづらくなるためリプレイモードの実装が必要だという事情があったりしてひとまず却下。
1920×1200だとキャプチャ処理が追い着かないのでハードウェアエンコーダを買うしかないのかと思って見たりしても、お値段2万くらいして対応は1080pまで。ちょっと微妙。

あれこれ探していると、アマレココのサイトに「アマレコライト」なるDirectX用キャプチャソフトがあるのを見つけ、試してみると……成功!
というわけで多少処理落ちはきつくなるものの、一応ゲームスピードとして許容可能な範囲で動画キャプチャをすることができました。
処理負荷の目標としては、これでキャプチャしつつ60fpsを概ねキープできる程度かなーと思っています。
もちろん、低解像度にも対応しますけれども。

動画公開までに必要な工程は
・システムの再調整(現在進行中)
・ボス曲(一番手間。体験版の時点ではストックから拾ってくるかも)
・タイトル曲(とりあえず体験版用に前作アレンジを使用予定)
・難度/キャラセレ曲(短いフレーズで。これも以下略)

音楽絡みのタスクがてんこ盛りです。ぐはー。
作曲はもちろん嫌いなわけはないんですが、ゲーム製作だとどうにも後回しにされてしまってきついのです。



posted by TRIS-GRAM at 21:21| Comment(0) | 開発記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。